企業理念
ご挨拶
事業案内
施設案内
会社概要・沿革
アクセス
リンク
会社案内パンフレット
事業案内

不動産賃貸 輸送 倉庫管理 保管輸送
安全第一・高輸送品質をモットーに、4社の港運(鰹繿g・潟tジトランスコーポレーション・名港海運梶E日本コンテナ輸送梶jとの連携により、トヨタ自動車鰍はじめ、トヨタグループ8社の輸出入コンテナ(日当たり700〜900本)を約200台の登録車両で輸送しています。
「ダイヤ作成システム」による各梱包拠点からのコンテナオーダーの一元管理と、GPS端末を活用した「TLS車両動態管理システム」及びMCA無線を駆使し、ムリ・ムダのない効率的な配車を実現しています。

輸送コンテナ保管輸入品管理不動産賃貸

保管
お客様のニーズに応えるべく、輸出入コンテナの保管ヤード(約700FEU)を保有しています。トランスファークレーン2基〈鰹繿g1基、潟tジトランスコーポレーション1基〉により、安全かつ迅速な作業が可能です。
「ヤード管理システム」により輸出入コンテナの在庫管理をしており、保税蔵置場としての登録によりコンテナ通関も可能、SEA-NACCSによる保税管理も万全です。
◇保税地域コード5EWE5(名称 : TLSHHZ )

輸送コンテナ保管輸入品管理不動産賃貸
輸入品管理
◆輸入部品
2006年4月より、トヨタ自動車鰍フ輸入品管理業務の請負を開始。北米をはじめ、欧州、アジアから輸入される自動車部品が海上のコンテナから倉庫に搬出され、出荷するまでを一元管理しています。欠品の防止はもちろんのこと、輸入部品全体量の調整、改善に努めています。

◆リターナブルラック
2007年8月よりトヨタ自動車(株)のリターナブルラック管理業務の請負を開始。北米・欧州・豪州・アジアなどから再輸入されるリターナブルラックを倉庫にて保管・点検・出荷し一元管理。必要な時に必要なリターナブルラックをお客様に届けるべく、適正な在庫管理・出荷品質の向上を目指し改善を進めています。

輸送コンテナ保管輸入品管理不動産賃貸
不動産賃貸
敷地内に、船社バンプールを誘致・貸付
●鰹繿g 上組西部バンプール(KSVP):扱い船社 KLINE他
       使用面積 70,628u






輸送コンテナ保管輸入品管理不動産賃貸